2009年11月20日

今後の動向

ぼくは士郎正宗って漫画家がかなり好きなんですが、『功殻機動隊』なんか読んでると、ネット社会の未来や性質が見えて興味深いです。


『功殻機動隊』の世界は、自我(ゴースト)が脳みそではなく、ネットなどの電脳空間に半分移行しかけた世界を前提に物語が展開されています。(※ちなみに映画マトリックスなども、功殻を大分パクってます。)


マンガのキャラたちは神経細胞と電脳空間を結ぶために、「電脳化」していて、特定の人物や、チームのメンバーと通信したい場合は、直接電脳空間で通信するという設定です。


つまり、今ぼくらがブログや掲示板で言葉を通してやってるようなことを、言葉を通さず、もっと直接的な形でやってるわけです。


そこで問題になってくるのは、情報の伝達よりも、むしろ、他者と自分の区別になってきます。
「情報の並列化」はすぐにできちゃうわけですから。
他人のプライベートな記憶や、特別な技能であっても、一瞬にして伝わってしまうような世界です。


今の現状でも、そのような方向に向かいつつありますよね。
P2Pや、情報商材なんかもそうですよね。


映像や、情報を、リアルの物質を通さず、ネットを通して不特定多数に一気に流通させることができるわけですから。


で、神田昌典さんなんかは、『全脳思考』でその情報流通のインフラがほぼ整ったんじゃないかと言っています。
今までは「知識のストック」が重要なテーマだったけど、これからはそのストックされた知識を利用した、「知識創造」の時代になるんじゃないかと言っています。


なるほどなあ〜と感心しました。
もうすぐ近い内に、「情報」に価値はあまりない時代になるのかもしれませんね。
posted by トーマス at 01:22| Comment(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

キャシングについて

アフィリエイトでキャッシングができるようになたのは、どうも2000年くらいだったそうです。


それ以来、成長を続けてきたみたいですが、2007年頃を境に、規制も厳しくなってきて、なかなか以前の様にはいかなくなったみたいですね。


消費者金融としても、アフィリエイトしているサイトが「審査甘い」とか「ブラックOK」とかばっかり書かれていると、法律にひっかかる恐れが出て来たので、だんだんと広告を扱えるアフィリエイターを囲うようになってきました。


モ○ットやア○ムなんかは今も完全クローズドです。
結果、一般のアフィリエイターにとっては敷居が高くなってしまった感は否めません。おまけにキャッシングは競合が激しいジャンルです。


今の所、一般のアフィリエイターが金融のクローズド案件を扱えるようになる道があるとしたら、IRCのチーム制が最短だと思います。
IRCの成果報告版にはASPの担当者の方々が見に来てますし、クロウさんやキャッシングチームで活動している一部のメンバーは、既にクローズド案件を貰ってます。


チーム制のメリットは、SEO的には、「IPが分散された自然なサイト構造ができる」点だと思います。
hidehenさんが言われている通り、個人でのサイト構造だと、どうしてもリンクが集まるサイトが一局集中になってしまって、中々評価が上がり辛いのではないかと思います。
自分の実体験からしても、チームで作ったサイト群はインデックスのスピードや、被リンクとして認識されるのも早いです。


しかし、チーム制の一番のメリットは何かと言われれば、自分は「情報」と答えます。
一人で作業すると、この「情報」がちっとも入ってきません。
どの無料サービスがいいのか、最新の検索エンジンの動向、キーワード選定方法、他のサイトの研究方法、サイト構造の把握など。
なんでもかんでも聞いて、依存するのはよくないですが、誰からも助言を得られないのは遠回りになってしまいます。


自分の経験からすると、結構力を入れて取り組んでも、アクセスが来るまで3ヶ月は普通にかかります。


アフィリエイトは学ぶことが多いので、その間アクセスも全然こないので、モチベーションが低下してギブアップという方がほとんどではないでしょうか。


よく「ほったらかしで稼ぐ」とか耳にしますが、それは完成度の高いサイト群を作れたごく一部のアフィリエイターが、客寄せに使っている言葉だと感じています。その裏には膨大な作業量が必ずあります。


モチベーションを維持するためにもチーム制は最適なのではないかと感じています。


次回はあえてチーム制のデメリットについて書いてみようかな。
posted by トーマス at 07:52| Comment(4) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

プロフェッショナル〜一流の流儀〜

こんにちは。

NHKの某番組じゃないです。^^


ここ1年くらい振り返ってみると、色々と勉強してることのテーマは、「一流になるには」みたいです。
最近やっと実感として分かってきたかもしれません。


自分のイメージとしては、「一流」にはピラミッドみたいな構造があって、頂点が結果として見えてる部分、後が土台で見えない部分みたいな感じです。


一流といわれている人は、この土台に一番時間をかけてます。
自分なりの「土台」を盤石にしておけば、ある程度継続して結果は出ます。


分かってることは、「土台」、「構造」がない人はその分野で長く生きていけません。


そして何より、一流と呼ばれている人は、人の10倍、100倍位何でも量をこなしてます。(それも、一見面白くなさそうなこと。)
簡単そうにサラッと言ってる裏には、必ず膨大な作業量の裏付けがあります。
その分野で長く生きている人は間違いなくそうです。
一見大変そうでも、やってる本人にとっては結果が出るのが分かってるから、実行するのはそんなに苦痛じゃないはずです。


自分の今の目標としては、この「土台」を具体的にしていくことです。
携帯アフィリエイトもその一環です。
自分の適正も何となく分かってきたので。


何かまとまりのない文ですね^^;
posted by トーマス at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。